Mémoires de Madame Guillotine

Mémoires de Madame Guillotine

  • 物販商品(自宅から発送)
    default
    ¥ 500

革命期、東の空が明るくなる頃から、陽の沈むまで、絶え間なく落される刃。 少年は窓のこちら側、身を焦がす思いで見つめ続ける。 「いつの日か、貴女の腕に抱かれ眠りたい」と。

    Mémoires de Madame Guillotine
    son voyage
    ロード中...
    再生できません
    1Mémoires de Madame Guillotineより慈愛の聖女
    革命期、東の空が明るくなる頃から、陽の沈むまで、絶え間なく落される刃。 少年は窓のこちら側、身を焦がす思いで見つめ続ける。 「いつの日か、貴女の腕に抱かれ眠りたい」と。