Château du verre~玻璃の城~

Château du verre~玻璃の城~

  • 物販商品(自宅から発送)
    default
    ¥ 500

『むかしむかし、ちいさな、けれどもとても豊かな国がありました』そんな言葉からはじまるお伽話。 国は栄え、王家は民の憧れだった。 ただひとり、まだ幼さを残した姫が、時折、悲しげに瞳を潤ませ、沈んだ表情を見せていた。 「私は何のために生きているの?」 城の外では、青年が帰らぬ娘の姿を探し、追っていた。 固く閉ざされた城門が開かれる時、そこに民は何を見るのか。

    Château du verre~玻璃の城~
    son voyage
    ロード中...
    再生できません
    1王妃の秘密の回廊~Couloir secret de la reine
    『むかしむかし、ちいさな、けれどもとても豊かな国がありました』そんな言葉からはじまるお伽話。 国は栄え、王家は民の憧れだった。 ただひとり、まだ幼さを残した姫が、時折、悲しげに瞳を潤ませ、沈んだ表情を見せていた。 「私は何のために生きているの?」 城の外では、青年が帰らぬ娘の姿を探し、追っていた。 固く閉ざされた城門が開かれる時、そこに民は何を見るのか。